実際に動作しており確認できるサンプル、実際には動作しないがコピペで試せるサンプルなど、、、あります。
時間
┣ date
┣ getdate
┣ gmdate
┣ mktime
┗ time
JSON 関数
その他
include_once 文 は、スクリプトの実行時に指定したファイルを読み込みます。

この動作は、 include 文 と似ていますが、ファイルが既に読み込まれている場合は、再度読み込まれないという重要な違いがあります。
その名が示す通り、ファイルは一度しか読み込まれません。

include_once 文 は、スクリプトの実行時に同じファイルが複数回読み込まれ、評価される可能性がある場合に、関数の再定義や変数値の再代入といった問題を回避するために一回だけ読み込ませるために使用します。


⇒ sample

- vars1.php -


⇒ include
⇒ require

2013/08/13 20:18 制御構造 TB(-) CM(-)
include 文 は指定されたファイルを読み込みます。


⇒ sample

- vars1.php -


include は、ファイルを見つけられない場合に warning を発行し、処理を 続行 します。

一方 require は、同じ場合に fatal error を発行し、処理を 中止 します。


⇒ require

2013/08/13 20:14 制御構造 TB(-) CM(-)
関数内で呼び出されると、return 文 は即座にその関数の実行を停止し、引数を関数の値として返します。


⇒ sample


グローバルスコープ で呼び出されると、現在実行中のスクリプトが 終了 します。

⇒ sample



2013/03/16 16:46 制御構造 TB(-) CM(-)
recommend


検索
繰り返し処理
条件分岐処理
記号
┗ @
B
┣ bin2hex
┣ bindec
┗ break
C
┣ compact
┣ count
┗ current
D
┣ date
┣ decbin
┣ dechex
┣ define
┣ defined
┣ die
┣ dirname
E
┣ each
┣ echo
┣ else
┣ elseif
┣ empty
┣ end
┣ endfor
┣ endif
┣ exec
┣ exit
┣ explode
┗ extract
I
┣ if 文
┣ implode
┣ include
┣ ini_get
┣ ini_set
┣ intval
┣ is_bool
┣ is_dir
┣ is_file
┣ is_int
┣ is_long
┣ is_nan
┣ is_null
┣ is_real
┗ isset
K
┣ key
┣ krsort
┗ ksort
L
┣ list
┗ ltrim
N
┣ natsort
┗ next
P
┣ php.ini
┣ phpinfo
┣ pos
┣ prev
┣ print
┗ print_r
R
┣ range
┣ require
┣ reset
┣ return
┣ rmdir
┣ rsort
┗ rtrim
T
┣ time
┗ trim
U
┣ uasort
┣ uksort
┣ uniqid
┣ unlink
┣ unset
┗ usort
V
W
FC2 カウンター